FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

莞爾作






ある日悟飯は家に帰ってきた。
明日から春休み・・・昼寝をして平安な一日を過ごすはずであった。
BUT・・・・・・・・・・・・・・

チチ「どうだべ。これ。一度着せて見たかっただよ~。」

悟天「に、似合うの?お母さん(汗)」

チチ「あったりめえだ!そろそろ悟飯が帰ってくるべ。
早く見せてぇだ。」

悟飯「ただいま~。ただいま帰りました。」

チチ「なあなあ見てけろ。
悟天の服、すっごく似合ってるべ?」

悟飯「そ、それは・・・。
ピンクのワンピースに頭にピンクのリボン・・・・・
可愛いじゃないですか!
最高ですよお母さん!」

チチ「な?な?そうだべ?」

悟飯「最高ですよ!可愛いです!
写真撮りましょうよ、写真!」

悟天「・・・・・・・・・」

悟飯「じゃあ悟天~。こっち向いて~。
ハイ、チーズ♪」

パシャ!

チチ「あ~、現像すんのが楽しみだべ♪」

悟飯「出来たら一枚は僕に下さいね。
財布の中に入れる予定ですから…。」

シュン!!!

チチ「あれ?タイムマシンだべ。」

悟飯「あ、未来のトランクスさんだ?」

悟天「未来のトランクス君?」

悟飯「ああ、そうだよ。
未来には別の世界があって
その世界では悟天は生まれてなくってトランクスさんだけなんだよ。」

悟天「ふ~ん。」

トランクス「こんにちは、お久しぶりです。
大きくなりましたね。
悟飯さん。
チチさんも元気そうでなにより・・・」

悟飯「どうもお久しぶりです。」
トランクス「遅れてしまいましたが未来でセルを倒してきました。
そのご報告を・・・。
ブッ!は、鼻血が・・・。」

チチ「どうだべ?似合うべ。」

トランクス「か、可愛い・・・・・。
こ、この人は?」

悟飯「僕の弟で悟天って言います。
ホラ、悟天。挨拶して。」

悟天「始めまして、孫悟天って言います…。」

トランクス「か、可愛い…。
ねえ、悟天くん。
僕と一緒に未来に来ない?」

悟飯「何言ってるんですかっ!
ダメに決まってるでしょう!
僕の弟なんですから。」

チチ「そうだべ!悟天はうちの子だ。
おめぇにやるわけがあんめぇ!」

トランクス「じゃ、じゃあせめて写真だけでも・・・・」

悟飯「ダメです!(怒)悟天は僕のなんですから絶対ダメです!」

トランクス「写真ぐらい、良いじゃないですか!」

悟飯「ダメだったらダメです!」

トランクス「うう・・・・こうなったら何としてでも・・・・・」

シュン!!!

悟空「よっ!」

トランクス「悟空さん。」

悟飯「お父さん。」

悟空「悟天!おめえ随分変わった格好してんナァ~。」

悟飯「可愛いでしょ?お母さんが着せたんですよ。」

悟空「あれ?トランクスじゃねぇか。」

トランクス「はい、セルを倒したとのご報告をしようと思いまして。
ちょっと聞いて下さいよ。
悟天くんがあまりにも可愛かったので
写真撮らせてもらおうと頼んでも聞いてくれないんですよ~(嘆)」

悟飯「当たり前です。悟天は僕のなんですから!」

トランクス「写真ぐらいいいじゃないですかっ!」

悟飯「ダメったらダメです!」

悟空「まあまあ、二人とも落ち着けよ。
トランクスもせっかく未来から来たんだし
写真ぐらい、良いじゃねぇか。減るもんじゃねぇしな。
それにそんなに争っちゃ悟天が可哀相だろ?」

トランクス「そ、そうでした。ごめんね。悟天くん。」

悟飯「し、仕方ないですね~。一枚だけですからね。」

トランクス「やった!ありがとうございます!(感涙)」

パシャ!

トランクス「やったぁ~♪撮りました!
現像が楽しみです♪ありがとうございました!
それじゃあ私はこれで・・・」

シュン!!!

~~~そんなこんなで新学期~~~

悟飯「にへら~~~~(笑)」

ビーデル「何ニヤニヤしてるの?悟飯くん。」

悟飯「これですよ、これ。」

ビーデル「これ悟天くん?可愛い~♪」

悟飯「あ~悟天、可愛い~(萌)」

~~~授業中~~~

悟飯「にへら~~~~。悟天可愛い~。」

ビーデル「ねぇ、授業聞かなくていいの?」

悟飯「悟天~~~~vにへら~~~~~。」←上の空

~~~デート中~~~

ビーデル「んでそう言う訳なのよ~、悟飯くん。」

悟飯「にへら~~~~~~~。」

ビーデル「もう悟飯くん!

~~~そんなこんなで試験の日~~~
~試験中~

悟飯「悟天~~~。可愛いナァ~。」

~答案返却日~

先生「それでは返します。シャプナーくん、
イレーザさん、ビーデルさん、孫悟飯くん。」

シャプナー「ホォッ!危ねぇ。73点か…。」

イレーザ「今回はダメだったわ…。67点。ビーデルは?」

ビーデル「私は今回絶好調よv91点だったわ♪」

シャプナー&イレーザ「凄い!」

ビーデル「悟飯くんはどうだった?」

悟飯「ガタガタ・・・・・(震)」

ビーデル「どうしたの?悟飯くん。」

悟飯「び、ビーデルさん。こ、これ・・・(絶句)」

ビーデル「え!?ご、悟飯くん、
幾ら何でもこの点数はヤバイわよ!(驚)」

イレーザ「どれどれ?わっ!これはヤバイよ~。
13点はヤバイでしょ!」

悟飯「こんなのお母さんに知れたら僕は…。」

~~~帰宅後~~~

チチ「コラーッ!まさかおめぇがこんな点数取ってくる何て
一体なにしてるだ!」

悟飯「ご、ごめんなさい。(涙)」

チチ「よく反省するだ。今夜は飯抜きだ!」

悟飯「そ、そんナァ~(泣)」

~~~数日後のデート~~~

ビーデル「ねえ悟飯くん。これ似合うと思う?」

悟飯「にへら~~~~~~。悟天~~~~。」←まだ懲りていない。

ビッタァ~~~~ン!!!!!(ビンタ)

ビーデル「もう!悟飯くん、大ッ嫌い!!!うわぁ~ん(泣)


孫悟天と言う麻薬に沈んだ孫悟飯。
悟天依存症から抜け出せるのはいつであろうか・・・。


スポンサーサイト
2008.02.25 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://dbfanfic.blog82.fc2.com/tb.php/8-79285f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。