FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
夢恋 2008年01月28日



今日は、とっても楽しみな日。

なぜかって?

それは、カプセルコーポレーションでのお楽しみvv

「おーっす!!」
「はいはい!!ちょうどいいときにきたわね~」
「いったいなんだってんだ?」
「なんなんでしょう?」
悟空と悟飯は、ブルマに呼ばれ、カプセルコーポレーションに来ていた。

「ふっふっふっ・・・」
「なんだ?」
「ちょっとね~v」
ブルマは、さっきからにやにやしていた。

「まったく!衿那は いいこと重いつくんだから~vv」
「? ?」
悟空と悟飯は、ホントウにわからなかった。

「ちょっとしつれいvvいますぐもってくるわv」
「もってくる??」
ブルマは、研究室の方へ走っていった。

「カ・・・カカロット!!きさま・・・!?」
「よっ!べジータ!!」
「も もう見たのか!?答えろ!!!」
「? まだなんも見てねえぞ?」
べジータは、よほどあせっている。

「おっまたせ~~~vv」
「わあ!小さい僕だ!!」
ブルマがもってきたのは、小さい時の悟飯だった。
「これか?」
「ええ!孫くんもあるわよvv」
「へえ~!みしてくれよ!!」
「ダメよ!衿那がくるまでのお楽しみvv」
「ブルマッ!!オレのは 見せるなよ!!」
「いいじゃないvv」
ブルマとべジータが言い合っていると・・・
トテトテ・・・
なにかが、近づいてきた。
「ん?あ~!オラだ!!」
「えっ!もう!!おとなしくないんだから!!」
小さい悟空が、駆けてきた。
小さいべジータを連れて。
「~~~~~!!!!!」
「お!べジータじゃねえか!」
「ほんとうですね!!」
「かわいいでしょ~~~!!」
悟飯は、小さい悟飯をだっこしている。

『ブルマ~~~~!!』
「あ!衿那だ!!」
[! 衿那!!]
「い!?」
「そ!しゃべれるのよ!!」
『遅れてゴメン!!』
「いいのよ~v」
『できてる?わっ!!』
小さい悟空は、衿那に抱きついた。
[vv衿那v]
『カワイイな~vもうっvv』
「ずりい・・・」
衿那は、小さい悟空に頬擦りした。
「お父さん・・・」
「フンっ!オレは もどるぞ」
「あ!わたしもv」
『わたしも行く!』
「・・・・・」
スポンサーサイト
2008.04.24 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://dbfanfic.blog82.fc2.com/tb.php/26-67b78514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。