FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「悟天~トランクス~待ってよ~速い!」
「美香がおそいんだよ!」
とトランクスが振り向き言った。
「あれ、今日トランクスなんかピリピリしてるね?」
美香はそういいながら2人がいる所に走って行った
「美香、知らないの?・・・トランクス君昨日お父さんの修行に12時間も付き合わされたんだよ。」
「えっ!!ベジータさんに?」
悟天はゆっくりうなずいた。
美香は急に鳥肌が立った
「美香、悟天!早く行くぞ!」
とトランクスは殺気を出しながら校門を通った
美香と悟天はトランクスを追っかけて行った


美香は悟天とトランクスの幼なじみで2人がサイヤ人のことやその2人の実力なども知っている。
美香達がかよっている所は『ケイハイスール』という学校。美香は16歳で悟天も16歳トランクスは1つ年上の17歳でも教室は一緒
美香は実は好きな人がいるその人はいつも身近にいる「トランクス」だった。


「やっと授業終わったぁ~~」
美香のとなりで悟天は背伸びをした
「何も聞いてなかったくせに。」
「エヘヘ・・・ばれた?」
「バレバレだって、お前教科書にかくれてねてし・・・。」
「トランクス君にもばれた~。」
「「超バレバレ。」」
美香とトランクスは声を合わせて言った
「オレ、今日用事あるから先帰っとくから」
とトランクスはカバンを持ちすぐ教室を出て行ってしまった
「ねぇ、なんか最近トランクス君帰るの早いと思わない?」
と悟天が小さな声で言った
「思うーー。」
「もしかしたら、トランクス君彼女できたのかな?」
「えっ!!・・・・か・・・彼女?」
「跡つけてみる?」
悟天は美香がトランクスが好きなことを知っていた


   *****************


「美香、こっちこっち」
「あ、トランクスいたいた。」
と小さな声でしゃべりながらトランクスを追跡した
トランクスは公園のベンチに座った美香達は公園の草に隠れた
「なにしてるのかな?美香と悟天は!!」
「ゲッ・・・ばれてる・・・。」
美香は草に隠れるのをやめ、立ってトランクスのほうへ行った
「いや、最近早く帰っているから何してるのかなぁ~って思って」
「教えたあげようか?」
「おしえてー!」
その時悟天もでてきた。
「なになに?」
「・・・おしえない。」
「えーー!!」
トランクスはベンチから立った
「ほら帰るぞ。」
と歩き始めた
「もーー」

   ****************

「悟天バイバイー!」
「またな、悟天」
「美香、トランクス君バァイバァイー!!」
美香とトランクスは手を振った。
悟天の姿はあっという間に見えなくなった
「あ、美香今さっきのコトおしえたあげようか?」
「今さっきのコト?・・・・・あの事?
 教えてー!」
トランクスはカバンの中からカワイイつつみをとった
「美香、誕生日おめでと。ハイ、プレゼント。」
トランクスはそのつつみを美香に渡した。
「あ・・・ありがとっ!!」
「美香・・・もしかして自分の誕生日忘れてた?」
「うっ・・・・(図星)」
「図星かよ。」
「まぁ、図星だけど・・・ありがとね。プレゼント超嬉しい♪」
美香はトランクスに微笑んだ。
        
         ドキッ

トランクスの心臓の鼓動が音が大きく、はやくなっていった。
「う・・・うん、よかった」
「このつつみの中って何?」
「あけてみ」
「・・・・・・・・・・・」
美香はつつみを開いた。
「イヤリング!!」
「気に入った?」
「ありがとーーー!!!すっごく気に入った☆!」
美香はさっそくそのイヤリングをつけようとした。
「美香、貸して付けたあげる。」
「いい?」
美香は、イヤリングをトランクスに渡した

         カチッ

右耳は付け終わったみたいだ。しかし、もう片方のイヤリングは一向に付けてなかった。
「まだぁ~?」
「もう付けたよ。」
「えっ?」
美香はトランクスを見た。
トランクスの左耳にトランクスからもらったイヤリングをしていた
「ペア。」
「・・・・・だねっ!」
美香はトランクスに微笑んだ。

     ドクン・・・ドクン・・・ドクン

この時トランクスは確信した
『俺っていつからあんなに美香のこと好きだったんだろ・・・。』


T・S 2007年10月05日 (金) 23時15分
スポンサーサイト
2008.02.25 Mon l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

No title
うっわーーいいねぇーーー
2009.07.01 Wed l . URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://dbfanfic.blog82.fc2.com/tb.php/17-28bfab94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。