FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
莞爾作



悟天と言う麻薬がトランクスと言う子供まで蝕んで
崩壊の連鎖を誘発した頃…。

Inパオズ山

チチ「そうだ!悟天ちゃん。今度はこれ着てみるべ。」

悟天「はぁ~い。」

チチ「早く悟飯ちゃんに見せてぇだ。」

~そして~

悟飯「ただいまぁ~。悟天~。」

チチ「どうだ?悟飯ちゃん。
新しいの着せて見ただがどうだ?
似合ってるだろ?」

悟飯「うあっ!うあっ!うあっ!
か、か、可愛い!!!可愛いですよ~!!!
女学生の制服凄いです!可愛い~、可愛い~(悶/萌)」

チチ「な?な?そう思うだろ?」

悟飯「可愛い!可愛すぎです!写真撮りましょうよ、写真!」

パシャッ!(撮)

悟天「ああ~現像が楽しみ♪」

ピッコロ「悟飯ちゃん!」

悟飯「あっ!ピッコロさん。」

ピッコロ「悟飯ちゃぁ~ん。会いに来たぞ~。
ブッ!(鼻血)
ご、悟天…。そ、その服装は…。」

悟飯「どうです?可愛いでしょ~。」

ピッコロ「(か、可愛い…。
子供の頃の悟飯ちゃんみたいだ…。
いや、それより可愛いかも知れん…。)」

悟飯「ど、どうしたんですか?ピッコロさん。」

ピッコロ「い、いや…。何でもない…(赤/照)」

ビュン!(飛)

悟飯「変なピッコロさん…。
ま、いっか。
悟天~、じゃあ次はこの角度から…。」

In神殿

シュタッ!(着)

デンデ「おかえりなさい、ピッコロさん。」

ピッコロ「・・・・・・・・・・・・・」

デンデ「どうしたんですか?ピッコロさん。」

ピッコロ「・・・・・・・・・・・・・・・・」

デンデ「ねぇポポさん、
ピッコロさんどうしたんでしょうね?


ポポ「わからない。後付けて見よう…。」

~そして~

ピッコロ「むん!ぐぐぐぐぐぐぅ~~~~~~~~!!!!
カァッ!!!」

デンデ「な、何してるんでしょうね~ピッコロさん(汗/覗)


ピッコロ「む~~~~~!ハァッ!!!」

ポポ「凄い気だ…。」

ピッコロ「ハァ、ハァ(疲)
で、出来た…。出来たぞぉ~!!!(喜/叫)」

デンデ「手に何か握ってますね…(覗)」

ポポ「何だ、あれ…(汗/覗)」

ピッコロ「ハハハハハッ!
(高笑)出来たぞ~!
今日からは制服女装悟天ちゃん腹巻で寝るぞぉ~!!!」

デンデ「ピッコロさん!」

ピッコロ「何だ?どうした、デンデ。」

デンデ「悟飯さんはどうしたんですか?」

ピッコロ「悟飯?
悟飯ちゃんは悟飯ちゃんで可愛いが
悟天ちゃんも可愛いのだ!」

デンデ「それって浮気じゃないですか!
ダメですよ!天界の者がそんな事しちゃ!」

ピッコロ「いいんだ!
俺はもう神ではない。
神はお前だデンデ。」

~~~そんなこんなで次の日~~~

デンデ「あ、お帰りなさい、ピッコロさん。」

ピッコロ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

デンデ「(今度は一体何を作るんだろう…。)」

ピッコロ「カァッ!!!
ぐぐぐぐぐぐぐぅ~~~~~~~!!!!(気)」

ピッコロ「ハァ、ハァ(疲)
フフフフ、出来たぞ!
女装悟天ちゃん敷布団と掛け布団!!!
寝る時も悟天ちゃんと一緒だ!(喜)」

デンデ「(ピッコロさん…(覗/呆))」

~~~また次の日も~~~

デンデ「お帰りなさい、ピッコロさん。」

ピッコロ「・・・・・・・・・・・・・・・・」

デンデ「(また今度は何を…(汗))」

ピッコロ「ムン!かぁぁぁぁぁぁぁっ!
はぁ~~~~~~っ!!!(気)」

ピッコロ「ハァ、ハァ(疲)出来た、出来たぞ!!!
一面に悟
天ちゃんが印刷された悟天ちゃんターバンとマントが!!!」

デンデ「(ピッコロさん…(涙))」

~~~BUT、次の日~~~

デンデ「ピッコロさん!
いい加減にしてください!
いつまで悟天さんグッズをそろえる気ですか!」

ピッコロ「何を言っているんだ、デンデ。
可愛いじゃないかホラ。」

[と言って女学生制服悟天ちゃん腹巻を見せた。]

デンデ「・・・・・・・・・・・
か・・・・・・可愛いですね・・・・・・・v」

ピッコロ「そうだろ!?そうだろ!?」

デンデ「ハイ!本当に可愛いじゃないですかっ!
私にも作って下さいよ!!!」

~~~数日後~~~

デンデ「これでそろいました☆
どうです?ピッコロさん。女装悟天さん尽くしは…。」

ピッコロ「オオ!似合ってるぞデンデ。」

デンデ「ピッコロさん…。
私達はこれからもこうして悟天さんファンでいましょうね!
(うる目)」

ピッコロ「もちろんだ…デンデ…(うる目)」

こうして地球の中枢部の神まで麻薬悟天中毒になってしまった。
But
これだけでは終らなかった!!!

カイカイ!
シュン!!!(瞬)

デンデ「あ、界王神様。」

界王神様「あなた達何してるんですか。
デンデさん、あなた神じゃないですか!
そんな事していいんですか?」

デンデ「だって悟天さん女装すると可愛いんですもん…。
ホラ。」

[と言って女学生制服悟天ちゃんヨダレかけを見せた。]

界王神様「・・・・・か・・・・・可愛い・・・・・・」

デンデ「でしょう!?可愛いでしょう!?」

界王神様「うわぁっ!
そういうのって何処で手に入れたんです
か?」
デンデ「ピッコロさんに頼んで作ってもらったんですよ。」

ダッ!(走/疾)

界王神様「ピッコロさん、
私にも悟天さんグッズ作ってください!」

ピッコロ「も、もちろんです…。」

~そして~

界王神様「あっ!アハハ!やった、やった♪
こんなに可愛い悟天さんがv」

デンデ「これで私達はもう悟天さん一筋ですね☆」

だが!!!

コラーーーーッ!!!(渇)

デンデ「ん?この声は?」

界王神様「・・・・・・ご、ご先祖様!!!(驚/蒼)」

大界王神様「バッカモ~ン!(怒)
お主界王神ともじゃろうが!
そんな事していいと思っとるのか、
このバッカタレェ~~~~!!!」

界王神様「ヒィィィィィッ!!!(怯/蒼)」

この後、界王神様は大界王神様に呼び出され
こっぴどい説教を喰らったようだ。
だが!
悟天麻薬中毒は神にまで達した地球の運命は誰も知らない…。
スポンサーサイト
2008.02.25 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://dbfanfic.blog82.fc2.com/tb.php/10-9cd213d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。