FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
私はある日、風邪をひいて、寝込んでいた。悟空お父さんがいった。
悟「三十九度だから、あんまり歩くんじゃねぇぞ」
ま「うん、分かった」
ま「クリリンさんもいるけど、どうしているの?」
悟「文句ゆうな!せっかく来てくれてんのに。」
ま「文句じゃあないんだけどなぁ」
悟「とにかく今日は寝てろよ」
ま「うん」
悟「薬、飲めるか?」
ま「大丈夫飲めるよ」ク「わわっ!悟空!それ、毒薬だぞ!本当の薬はこっちだ!」
《何であんだよ。》
悟「ほんとか!?やべ~やべ~サンキュー!クリリン!」
ま「ありがとう、クリリンさん」
悟「ほら、飲め」
ま「ありがと~お父さん」
悟天お兄ちゃんが、
天「父さん達は、修業してきなよ。まりあの看病は俺がする。」
悟「そうか!んじゃ、行くぞ!クリリン!」ク「よろしくな」
そうして、お父さん達は、修業にでかけた。天「ほら、薬だ。飲め。」
ま「ありがとうお兄ちゃん」
そこデスわ!まりあが薬をのんでから、笑いながら、可愛いしぐさをしてしまったのだ!。
天「ごめんまりあ」
ま「え?え?え?お兄ちゃん!?ちょ、気は確かなの!?ちょ、お兄ちゃ…きゃぁぁぁぁ!!!!!!!!。」彼女のそのひめいは、外までもれていた。悟天たちがかけつけた。悟「悟天…なにやってんだ!まりあはまだ幼いんだぞ!…ガミガミ…ガミガミ…」
ま「お父さん、許してあげて。大丈夫。パジャマ脱がされただけだから、ね?でも、そんなにピーやりたいなら、彼女とぴーやればいいのに、変なお兄ちゃんだね」
天「まりあ、悪かった許してくれ。」
ま「うん、いいよ」
こうして、このじけんは、かいけつされた…と思われたが、悟天がまりあに深夜呼びだされ、かかえきれないほど、殴られたのは、いうまでもない…。



春さん
2008年02月26日
スポンサーサイト
2010.08.25 Wed l 未分類 l COM(6) TB(0) l top ▲
ベジ「セル。さっさと完全体とやらになれ」
セル「わかっている。太ー陽ー」
クリ「(ささっ)←鏡を取り出す」
セル「けーーーーーーーーーん」
     ピカッ
セル「ぐお」←鏡に光が反射した

セル「とんだ誤算だ・・・くそ!!18号はこれか!?」
ベジ「うおぁ!?なんだこれは!!!??」
セル「ま、まちがえたぁぁぁ~~~~~~~!!!!!ぬぉぉぉぉーーーーー!!!!!」
  ぺかーーーーーーーー!!
クリ「・・・・?お前、セルか?」
セル「・・・ごもっとも」
トラ「と、父さんがいない!!!」
クリ「?18号と16号はいるぞ・・・?」
トラ
 &「ま、まさか・・・」
クリ
セル「間違えてベジータを吸収してしまったのだ」
トラ「う、うそだろ!?とうさ~~~~~ん!!!!!」
クリ「・・・どうでもいいけどセル、お前Mッパゲになったぞ」
セル「ガーーーーーーーーン それはいわないでほしかった・・・」


  おしまい



undefinedさん
2008年02月19日
2010.08.25 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
クリリン「なぁ、ベジータって独り言おおいよな」
悟飯  「言われてみれば、そうですね」
ベジータ「なっ・・・」
クリリン「なぁ、悟飯。フリーザのとき覚えてるか?ほら、リクームと戦う直前」
悟飯  「ああ!あれですね!『これからが本当の地獄だ』ってやつ。あれは思いっきり独り言でしたよね」
ベジータ「なっ・・・あれは貴様らにいっていたんだ」
悟飯  「えー絶対独り言でしたよ、ねークリリンさん」
クリリン「そ~そ~!あと、『あいつは超サイヤ人なのか』とか~」
悟飯  「『やはり伝説は本当だったのか~』とか超サイヤ人に関係することは大抵独り言でしたよ」
ベジータ「ぜ、全部貴様らに言っていたんだーーーーーーーーー!!!!」
悟飯  「僕たち聞いてないですし」
ベジータ「くそーーーーーーーーーー!!!!!」
クリリン「あ、にげた」


    カプセルコーポレーションにて
ベジータ「くそ・・・あいつらめ・・・・ぶつぶつ」
ブルマ 「ちょっとーーーー!!ベジーターーー!」
ベジータ「な、なんだ」
ブルマ 「独り言、うるさいわよ!!」
ベジータ「ガーーーーーーーーーーーーーーーン」


  おしまい





undefinedさん
2008年02月15日 (金) 19時32分(149)
2010.08.25 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。